会長のごあいさつ

 埼玉県人会は、大正2年に当時の財界の泰斗青淵渋沢栄一翁をはじめ、愛郷心に燃えた有力な県人諸氏の主唱で設立されました。爾来、県民の知徳を進め人格を高め社会文化の向上に寄与し平成25年には100周年を迎える輝かしい歴史ある会として発展してまいりました。
 昭和9年に、篤志家諸氏の提唱で財団法人に改組され、当会の基礎は、一段と強固となり、太平洋戦争で一時期活動を中止せざるを得ませんでしたが、今日まで当会は営々とその目的使命にそって運営されて参りました。
 しかし、交通機関の発達、戦後の時代感覚の変遷の中で、埼玉県人の県民意識も次第に薄くなり会員数が減少し、低金利による金利収入の減少も重なり、当会の活動も停滞傾向にありました。こうした状況を打破すべく、県人の皆さまに郷土への思いを新たにしていただくよう様々な事業に鋭意取り組んでおり、その結果会員数も近時増加してきております。
 平成23年4月には一般財団法人になり、より広く当会に寄せられるご期待に応えてまいる所存です。
 これからは地方の時代であるとも言われております。当会の目的にご賛同いただき、会員のご紹介があれば、ご入会できます。是非ご入会下さるようお願い旁々お薦め申し上げます。

一般財団法人 埼玉県人会
会長 大塚 陸毅